速報

楽天モバイルのキャンペーンの問題点は?先着300万人が1年無料に?

みなさんこんにちは。とうとう楽天が楽天の携帯を先着300万人1年間無料提供ということで話題になりました!!もともとプランが安いのに、無料提供なんてすごい!とネットが沸いていますが・・・
実は、かなり落とし穴がありますので、今回はそれについて解説していきます。

プランの説明


プランの説明はこの通りです。

  • プランはたった1つで、月額2980円(税別)
  • 通話=かけ放題
  • データ通信=使い放題(自社回線なら)

しかも、先着300万人については契約から1年間無料!

これはすごい!!と思いきや、かなり落とし穴がありました!!

その1:データ使い放題の落とし穴

まず、データ通信ですが、自社回線なら使い放題となっています。
ではその自社回線エリアについてこちらで見ていきましょう。


まず、画像を見てください、首都圏の一部と、京阪神と愛知の一部・・・これだけなんです、楽天回線エリア!!
もっと詳しい図がこちら。


この地図の濃いピンクが楽天回線エリア他はauなどのパートナーエリアと言って、対象外なのです!!
対象外エリアに関しては1カ月で無料でサクサク行けちゃうのが、たった2GBのみ!!少ない!!!
超過すると128Kbps(超のろのろ)になります。

その2:通話=かけ放題の落とし穴

続いて、かけ放題についてですが、こちらは普通の電話と少し違い、Rakuten Linkというアプリを使っての電話になります。通常とは違いますので、注意してください!!
また、SMSも同じくRakuten Linkが必要です。

その3:iPhoneが対象外

現在日本で最も有名なスマホであるiPhoneは、対象機種ではないので、もしこのプランに入りたかったら、
iPhoneでは無理です!!
ずっとiPhoneを使いたい方は、断念してください。

その4:5Gは今年導入されない


また、楽天モバイルでは、5Gに関して、来年導入としています。あと1年は我慢です。。。

最後に

いかがだったでしょうか。1年無料で持つ分にはいいかもしれませんし、エリア内に自宅と会社がすっぽりな方にはお得かもしれませんが、あまりにもエリアが限定的すぎますね。
家からあまり出ずWi-Fiだけという方や、外に出ても大して使わない、2個目の携帯としては良いかもしれません。
2年目になって、どれだけの解約がでるのか、また楽天回線エリアがどれだけ増えるのかが楽しみですね!!

以上で今回の記事は終わります。
ありがとうございました。

-速報

© 2020 よっこいぶろぐ。