トリビア 勉強法 売り切れ 速報

うがい薬が品薄・売り切れの理由は?正しいうがい法やネット販売も調査!

みなさんこんにちは。
まだまだ辛い現状が続く状態ですが、健康状態はいかがですか?
ドラッグストアに行っても思ったものが売っていないと悲しくなりますよね。

そんな中品薄・売り切れが多発していると話題なのが、

うがい薬!!

何種類もあるはずなのに棚からごっそり消えていてびっくりしました。
幸い私がいつも風邪をひくときにのどを痛めるので、うがい薬は常備があったのですが・・・
きっと困っている人はいますよね。

ということで今回は、うがい薬が品薄・売り切れの理由を調査!

またあなたは正しいうがいが出来ているのか!?正しいうがい法もチェックしていきたいと思います。
そして、ネットでの在庫状況も調べていきます♪

売り切れ・品薄の特設ページを作成しました。
もしかしたらあなたが探している情報もあるかもしれませんので、良ければご覧ください。

関連記事
【2020】最新品薄・売り切れ情報まとめ

続きを見る

SNSでの反応

ではまず、うがい薬が売り切れだと感じたのは私だけだったのか、確認していきたいと思います。

あら、やっぱり同じように品薄に困っている人がいました!!
口内炎の人は本当にかわいそうです・・・早く見つかるといいですね・・・

関連記事
液体せっけん・固形石鹸の正しい使い方・間違った使い方を調査!

続きを見る

うがい薬が品薄・売り切れの原因や理由は?

ではここでうがい薬が品薄や売り切れてしまった理由を考えていきましょう。

その1:新型コロナウイルスの予防

まずは、こちら。感染症予防でしょう。
肺炎ということで、咳の症状がテレビでも連日紹介されていますよね。
咳と言えば予防はやっぱりうがい!ということで、うがい薬で予防を考えたのだと思います。
妥当な理由ではありますが、マスクや消毒液よりも品薄になるのがかなり遅かったですね・・・。

正しい消毒・使い捨て手袋の使い方はこちらを参考にしてください。

関連記事
使い捨て手袋の正しい使い方は?交換のタイミングも調査!

続きを見る

関連記事
【随時更新】使い捨て手袋が売ってる場所はどこ?#買い占めやめよう

続きを見る

その2:こまめな手洗い・うがいをするように発表したから

その1の理由にかぶるのですが、その1の理由は、自主的にうがいをしよう!と思い立って購入した人なのですが、
それより少し後に、緊急事態宣言により、さらに強く「こまめな手洗い・うがい」をお願いするようになりました。
それにより、うがい薬が家にない人は慌てて購入したものと思われます。

子供など外で遊んできたり、どうしても会社を休めない人は外から帰ってきたら手洗いとうがいを今までよりもより気を付けてやろう、という風に良い風にうがいの重要さが浸透した結果だと思われます。もちろん自粛している人たちも、ちょっとの買い物の後などでもうがいはキチンとするようにしましょう。

関連記事
ハンドソープをボディソープで代用できる理由(違い)や注意点まとめ

続きを見る

関連記事
ハンドソープの売り切れはなぜ?売ってる穴場や代用法もご紹介!

続きを見る

その3:単純に買い占め

そして3つ目は、単純に家にあるにもかかわらず、いつ収束(そして終息)するかわからない、マスクや消毒液のように高価になってはいけない!と買い占め・買いだめをしてしまった人が一定数いたということが考えられます。
今でこそ大分よくなりましたが、一時はマスク50枚で2万円!とかありましたし、今でも普段よりは高価ですよね・・・。
というわけで、先回りして買い占めや買いだめをした人もいたようです。

この中には今後を見越して転売を狙っている人もいるかもしれません・・・。

ネット販売の状況

では、ここでネット販売の状況を見ていきましょう。
Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングを見ていきましたが、現時点では在庫はありそうでした。(5月5日)
ただ、薬局よりも金額が割高であったり、すでに需要を見越して値段設定を変更しているショップもあります。
適正価格を見定めて買う必要があると思われます。
また、あと数点の商品もちらほらありましたので、お気に入りや気になるリストに入れておいてチェックをするのが確実であると思われます。

おすすめのうがい薬

ここで、おすすめのうがい薬をご紹介しましょう。
ここでは新型コロナウイルス対策になるかどうか、という医学的なものではなく、子供がうがいしやすい味であったり、安価であったりと日常的な予防の商品として使いやすくレビューが高かったものをご紹介しますので、あらかじめご承知おき下さい。

新コルゲンコーワ うがいぐすり ワンプッシュ(200ml)

まずはこちら。よくあるどす黒い色ではなく透明な液体です。
うがい薬ならではのあの味が苦手な人にはおすすめです。ハーブの香りです。
なので、うがい薬+マウスウォッシュのイメージです。
そして子供でも使いやすいシャンプーのようなボトルで1回プッシュすると、ちょうどいい量が出てきます。
口臭予防に使う方も多いのが特徴です。

イソジンクリアうがい薬 アップルミント味

続いてこちら。かばのマークのイソジンです。しかしあの色ではなく、こちらもクリアカラーで味がなんとアップルミント!
他にもマイルドミント味(ボトルは青)もあります。
こちらもワンプッシュな上に、口臭予防にもなります。
ちょっと甘みがあり、子供が自分からうがいをするようになったというレビューがありました。1本で200回分のうがいの量だそうです。

【第3類医薬品】イソジンうがい薬120ml

もちろんこちら往年のうがい薬もご紹介します。
こちらは色がご存じの通り濃いので、しっかり水で溶かせているか目で見てわかりますね。
このうがい薬でも大丈夫な方はこちらもおすすめですし、一番売っているタイプなので、在庫がある可能性が高いかもしれませんね。
何となく、この匂いが「うがいをした!!」という感じの達成感になるんですよね・・・私だけでしょうか。

正しいうがいのやり方

ではここで、正しいうがいのやり方を教えていきたいと思います!!

全日本病院協会ではこのようにガイドラインされています。

●1回目は、口に含んで少し強めにうがいをします
●2、3回目は上を向いて、のどの奥まで液が届くように15秒程度うがいをします
引用:公益社団法人全日本病院協会

また、他のページでは・・・

  1. うがい薬を適量コップに入れます。
    (製品の説明書をお読みください。)
  2. 説明書に記載されている量の水を加えた、うがいの溶液をつくります。
  3. 口に溶液を含み、少し強めに「ブクブク」っと口の中をゆすいで吐き出します。
  4. 口に含んで上を向き、約15秒位のどの奥まで「ガラガラ」うがいをして吐き出します。
  5. もういちど「ガラガラ」うがいを約15秒位します。

参考

キレイキレイホームページ『正しい手洗い・うがい・消毒』

これ、皆さんちゃんと出来ていましたか?
最初から口に入れてガラガラ~っとしていましたよね?
正しくは、『口に含んでから少し強めに口の中をゆすぐようにぶくぶくっとして吐き出す』んです!!

今一度自分のやり方を見直してやり方を改善していきましょうね♪

最後に

いかがだったでしょうか。
私も正しいうがいのやり方をよくわかっていなかった部分がありましたので、かなり勉強になりました。
正しい手洗いのやり方を掲載しているこちらのページも良ければ見てみてくださいね。

関連記事
コロナウイルスは熱に弱い?お湯を飲むと効く?デマに終止符を願います!

続きを見る

それでは、今回はこれで終わります。
皆さんで分け合って必要なうがい薬を手に入れて、正しいうがいで予防をしましょうね!!

-トリビア, 勉強法, 売り切れ, 速報

© 2020 よっこいぶろぐ。